MENU

分譲マンションを売却のための費用はいくらかかるの?

マンションを売却した場合、その売却価格がすべて手元に入ってくるわけではありません。
売却手数料や税金がかかってくるのです。

 

マンションは中古車などにある「諸費用込み」といった販売は行いません。別に諸費用が発生します。
マンション売却の際の諸費用についてご説明いたします。
事前に諸費用を考えておくことで、「思ったよりお金が手元に入ってこなかった」などといったことを防ぐことができます。

税金

マンションを売却した際には下記の税金がかかります。

・所得税
・住民税
・印紙税

所得税と住民税は、マンションの購入金額よりも高く売却した場合に、その差額にかかってくる税金です。
マンションの売却金額が購入金額よりも低い場合にはかかりません。
印紙税はマンションの売買契約書にはる印紙の代金です。1,000万円~5,000万円のマンションですと15,000円の印紙が必要になります。

 

また、固定資産税などについては、売主と買主の間で日割り計算で清算します。
あなたが売主で既に今年の固定資産税を払ってしまっている場合には、いくらか返ってきます。

手数料

不動産屋に売却を依頼してマンションが売れた場合、その不動産屋に仲介手数料を払う必要があります。
マンションの売却金額によっても異なりますが、だいたいは100万前後あたりです。
この仲介手数料は、マンションの売却が決まって初めて発生するものです。
売り出し中に不動産屋に手数料を請求されることはありません。

登記費用

マンション購入時に登記しましたよね。マンションの売却時にもいろいろ登記をする必要があります。

 

・所有権移転登記
・抵当権抹消登記(住宅ローンが払い終わっていない人など)
・測量費用
・司法書士への依頼費用

 

全てを合わせると、約数万円前後です。

その他

売却をしようと考えているマンションにまだ住んでいる場合は、引っ越しのための費用、次に住む所の手続きなどにお金がかかります。

 

この中でいちばん費用が多くかかってくるのが不動産屋の仲介手数料です。
不動産屋としても、マンションの売却が決まらないと手数料がとれませんので、早くマンションの売却を決めようと頑張ります。
また売却値によって仲介手数料も決まるので、より高く売ろうと必死になります。

 

売りたいと思っているマンションが、いったい幾らで売れるのかは、目安で確認することが出来ます。
web上でマンション売却を無料で一括査定してくれるサービスをご紹介します。
>>詳細はこちらから

 

ある程度自分のマンションの価格がどれぐらいなのか知っておくことで、その後の費用の見通しが立てやすくなります。

 

オススメのリンク

オススメのリンク