MENU

マンションの売却査定額、会社によって開きがあるのはどうしてでしょうか。

あなたのマンションを売りたい時、まずは専門の会社に査定してもらいますよね。
査定は複数の会社にお願いしましょう。幾つかの会社からマンションの売却査定額が出そろったとき、極端に高い査定額の会社、極端に低い査定額の会社、いろいろあると思います。
なぜこのような開きが出てくるのでしょうか。

査定額 = 売却額ではない

査定額でそのまま売れるわけではないことをしっかり頭に入れておいてください。査定額は不動産会社が適正と思う販売価格です。不動産会社 = プロの目でみて、だいたいこのマンションはこのくらいの価格で売れるのではないかと思う金額なのです。査定額をもとに売り出し価格が決まります。だいたいは査定額と売り出し価格は近い金額になります。

 

しかし、実際にマンションを売り出してみたら人気で売り出し価格額を上回る金額で売却できた場合や、買い手がつかずに売り出し価格を大幅に下回って売却になった場合など様々な可能性があるのです。査定額が売却額ではなく、ただ単に売却の目安となる金額と認識しておいたら良いでしょう。

見積もり方法によっても査定額に開きがでます

簡易見積りによって査定された場合は、実際にマンションの状態や周辺環境をよく調査せずに、図面上だけから査定額を決定します。
そのため、不動産会社独自の基準により一律に査定されるため、査定額に開きが出ることが多いです。

 

おすすめは訪問査定です。
実際のマンションを現地で見ての評価になりますので、個々のマンションの状態に合った査定額を提示してもらえます。
訪問査定の方が簡易査定に比べて査定額が高くなるという傾向もあります。
また、訪問査定の査定額は実際の売却額に近い数字が出てくることが多いです。

査定額が極端に高い会社

査定額を高くしてきた不動産会社は、マンションのことを高く評価してくれている会社です。
しかし複数の会社に査定してもらったのに、1社だけ極端に高いと不安になりますよね。

 

査定額が高すぎる会社は、是非自分の会社からマンションを売り出したいと考えている場合があります。
マンション売却の契約をしてもらいたいために査定額を高くするのです。
しかし注意してほしいのは、その査定額で必ず売れるわけではないということです。
高い金額で売り出した結果、買い手がつかずどんどん売却額を値下げせざるを得ないといったことになりかねません。

 

査定額が高すぎると感じた場合、その査定額の理由をしっかりと聞いてください。
そして、その査定額で必ず売れるわけではなく、実際はいくらか値下げしたところで売却になるだろうとあなたが納得できるならば、その会社に任せても良いと思います。

査定額が極端に低い会社

査定額を低くしてきた不動産会社は、、マンションのことをあまり評価してくれていない会社です。
実際はあまりあなたのマンションを扱いたくないと思っている可能性もあります。

 

また、査定額が低すぎる会社は、早くマンションを売却して売却手数料を受け取りたいとも考えられます。
少々売却額は低くても、すぐに手数料をとりたいと思う場合は査定額も低くなります。

 

この場合も必ずその査定額の理由を聞いてみてください。
ただ、もしあなたがすぐにマンションの売却益を受け取りたい、すぐに現金が必要だと思っている場合は、売却額を低く設定することもアリだと思います。

査定額に開きが出るもう1つの理由

マンションの査定を行う不動産会社は複数ありますが、全てが同じ会社ではありません。それぞれ得意分野があるのです。
この地域に物件を多く持つ不動産会社、高層マンションを得意とする不動産会社、一戸建てに強くマンションはあまり経験がない不動産会社など、それぞれ得意不得意があります。
査定額に大きな開きがある場合、その不動産会社はどのような会社なのかということチェックしてみてください。
やはり地域に根差した不動産会社や扱う件数が多い不動産会社はそれなりにしっかりとした査定額を提示してくると思います。
顧客満足度なども不動産会社を評価する重要なポイントとなります。

 

オススメのリンク

オススメのリンク

TOPページ