MENU

マンションを売るか、貸すか・・・?

不要になったマンション、売ってしまうか、賃貸するか・・・・悩む所ですね。
売った場合と貸した場合のメリットデメリットを調べてみました。

 

売却した場合

メリット
 ・まとまった売却金が手に入る
 ・火災保険などを払う必要がなくなる
 ・現在そのマンションに住んでいる場合、新しい環境に引っ越すことができる

 

デメリット
 ・仲介手数料や税金がとられる
 ・後々そのマンションがさらに高値になるかもしれない
 ・すぐに売れずに売却金額がどんどん値下がりする可能性もある
 ・現在そのマンションに住んでいる場合、新しい住む所を探す必要がある

賃貸した場合

メリット
 ・家賃収入が定期的に入ってくる
 ・住宅ローンや税金などが、経費として認められ、所得から控除される

 

デメリット
 ・借主が住んだ後は壁紙張替えなどリフォーム必至
 ・借主が見つからずに空室になると収入がなくなる
 ・将来売却するときに売却値が下がる可能性がある
 ・借主との間でトラブルになる危険性がある

 

マンションを売るか、貸すか、迷った時の結論!

両者、様々なメリットやデメリットがあります。
しかし、当ページでのおすすめはマンション売却です。
理由はこれからの需要減少にあります。日本の人口は今後減っていきますし、マンションは特に価格が下落するからです。
木造の一戸建てならば、リフォームを行うことで新築のようにきれいに出来ますが、鉄筋のマンションはリフォームすることも難しく、せいぜいリノベーションし見た目を良くする事しかできないからです。

 

とはいえ、自分のマンション売るか、貸すかの問題はかなり重要な悩みでしょう。
まずは幾らで売却できるか、賃貸できるか知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

自分のマンションの価格がわかるサイト → 詳細はこちらをクリックしてください。
ウェブ上から1分で自分のマンション売却価格や賃貸価格の相場が分かります。

 

自分のマンションの価格を把握しましょう。売却したほうが良いのか、賃貸が良いのか解りやすくなります。

 

オススメのリンク

オススメのリンク