MENU

マンション売却したときの所得税はどれぐらいかかりますか?

マンションを売ると所得税という税金が発生します。これを「譲渡所得税」といいます。
物件を売ると自分の利益になるので収入と同じ分類になります。

 

「譲渡所得税の計算の仕方」
マンションの売却価格+5%=税金

 

たとえば、マンションが3,500万円で売れました。これに5%上乗せします。
あなたの払う税金は175万円です。

譲渡所得税を払わなくてもよい場合 「3,000万円の特別控除」とは?

国からの控除で上記↑で計算した175万円の支払いが免除できるシステムがあります。

 

それは3,000万円の特別控除です。
※確定申告を忘れると控除を受けられなくなりますので必ず手続きをしましょう。

 

「所得税がゼロになる計算のしかた」

譲渡額(売却価格)-取得費+譲渡費用(印紙、仲介手数料等)+3,000万円の特別控除=○○○
3,500,0000円-3,517,5000円+88,8000円+3,000万円=3,071,3000円

計算の中にでてくる取得費の割り出しかた
マンション売却費用が3,000万円を超えると「取得費」が発生します。
取得費の算出方法は、売ったマンションの購入金額+5%です。
購入価格がわからない場合は、売却価格+5%が取得費として計上します。

 

 

譲渡費用とは?
印紙税が1,000万円~5,000万円以下の場合は10,000円、
仲介手数料が800,000万円だとしたら譲渡費用は810,000円です。

 

この計算から合計金額が売却価格よりも低いことがわかるので所得税と住民税は免除されるというわけです。

マンション売却したときの特別控除(特例)を受けられる条件

※いくつかの条件をクリアしていなければ3,000万円の控除は受けられません
● 住まなくなった日から3年目の年の12月31日までに売却していること
● 売却した年から数えて3年の間にこの特例を受けていないこと
● 売主と買主の関係が親子、夫婦、内縁関係、特殊な間柄の法人関係は受けられません。

 

このことからマンションの買い替えで親族や特別な間柄以外の買主に売却した場合は適応になります。

税金の申告漏れに注意!

このような制度を知らずに高い税金を払っている人は少なくありません。
確定申告を忘れてしまうと、譲渡所得税が発生してしまいます。
不動産売買に関するお金の問題は複雑ですので、知識がある専門科(税務署、税理士)に相談しましょう。

これから売却活動を始めるかたへ

売却活動はスタートが肝心です。
マンションの相場や査定を行うときは、事前に税金がどれぐらいかかるのかを頭に入れておきましょう。
良心的な不動産屋さんは税金のことについても親身になって相談にのってくれます。
そんな業者さんに巡り合いたいですよね。
そこで便利な一括査定サービスがあります。
最大500社の中からあなたにマッチした優良不動産会社を紹介してくれます。
全国どこのエリアでも対応可能、すぐに査定の結果がわかります。
NTT経由なので安心ですね。
詳細はこちらをクリック