MENU

マンションの仲介手数料

不動産屋に依頼をしてマンションを売却、購入した時には、不動産屋に仲介手数料を払う必要があります。
文字通り、マンションを仲介してもらった手数料という意味です。
不動産屋はこの仲介手数料で儲けているのです。
ところで、中古マンションの仲介手数料は誰が払うのでしょうか?
買主?売主?不動産屋は両方から仲介手数料をもらうことができるのでしょうか?

仲介手数料は両方から!

 



結論からいうと、マンション売買の際の仲介手数料は売主、買主の両方にかかります。
どちらも、不動産屋に仲介を依頼しているわけですので、両方とも仲介の手数料を支払う必要があるのです。
ところで、この仲介手数料は、物件の金額によって異なります。
マンションの価格が

200万円以下の場合は、価格の5%+消費税
200万円を超えて400万円以下の場合は、価格の4%+消費税
400万円を超える場合は、価格の3%+消費税
この金額が上限になります。これよりも低い金額でも構いません。

この金額は、どちらか一方の不動産会社の仲介手数料になります。不動産屋は最終的にこの金額の2倍(売主、買主)の仲介手数料を手に入れることが出来るのです。


売主も考える必要がある、お金のこと

2000万円の物件の場合、仲介手数料は2000万円×3%+消費税=60万+消費税です。
意外とお高いですよね。マンションの売却の時にも仲介手数料は必要となりますので、この金額は注意しておいてください。
なお、この金額は上限ですので、値引き交渉することも可能です。

 

さらに詳しく知りたい場合にオススメなのが、「HOME4U」というwebサイトになります。
web上であなたのお住まいの地域のマンション売却価格の相場を知ることができたり、一括で複数の不動産会社に査定を依頼することができたりと、大変便利なサイトです。
また、売却のヒントやコラム、実際にマンション売却を体験して気が付いたアドバイスなどもありますので、マンション売却を検討なさっている方は是非参考にしてくださいね。

 

オススメのリンク

オススメのリンク